4515.LINE

最新号配布中

Square?

まる、さんかく、しかく。 あなたは、どんなカタチをしていますか? ミュージシャンを説明するときにSquare (しかく)を用いることがあります。 That pianist is r…

no.067 / 2014.10

More

NEW

66gro

デューク・ピアソン

THE RIGHT TOUCH すらりとした長身に端正なマスク。そんでもってピアノを弾いてビックバンドも率いたりするわけだから、もちろん女性はピアソンを放っておかない。「会うたびに…

no.066 / 2014.9

More

NEW

66clo

ポークパイ・ハット

イギリスの伝統食「ポークパイ」から名前がついた、その名も「ポークパイ・ハット」。60年代のルードボーイ、80年代のネオモッズとイギリスでも再流行しましたが、レスター・ヤングのように…

no.066 / 2014.9

More

Train Wreck?

列車といえば、何を思い浮かべますか? Take the ‘A’ Train(A列車で行こう) という有名なスタンダード・ナンバーもありますね。 ベースとドラ…

no.065 / 2014.8

More

bitc07c

クラシックな丸メガネ

今回はメガネを取り上げてみよう。ここ最近の主流は、セルロイド素材や老眼鏡のようなサーモントタイプでしたね。もう見慣れた感じはあるが、流行りはじめは古臭く感じた方も多いと思う。それら…

no.064 / 2014.7

More

Break it down?

ライブ中にバンドリーダーが、メンバーに声をかけます。 「Break it down.」 Break には「壊す」や「崩す」といった意味もありますが、 一体どういう時に使われるのでし…

no.064 / 2014.7

More

tubby

タビー・ヘイズ

LATE SPOT AT SCOTT’S ジャズファンにとって必ず存在する憧れの1枚、僕はこの「赤タビー」だ。廃盤店では壁の最上位に君臨する絶対的エース。ファンとしてそ…

no.063 / 2014.6

More

line

線の美学

アーティスト名もタイトルもないシンプルなデザインー最近では、珍しくもないことですがーに惹かれて購入したアナログ盤。2014年2月に発売された、イギリス・マンチェスター出身の若手ピア…

no.062 / 2014.5

More